これから。

ロサンゼルスキャリアファーラムに行ってきたわけだが、
正直、かなりのダメージを受けた。

なぜ、ぼくはここにいるんだろ。
ここまで、自分が恥ずかしくなったのも久しぶりである。

内定の1つや2つくらい余裕だと、なめまくって臨んだ。
それがそもそもの間違いでった。

結果は見事に惨敗。

企業もわざわざこちらに来るからには、本気なのだ。

こんな、準備もろくにしていない、
さらには何がやりたいかもはっきりしていない自分を
どうして、どの企業が採用するだろう。

まして自分はバイリンガルではないのだ。
たまたまアメリカにいるだけの、一般の日本人学生だ。

本来ならどんなに準備しても、
どんなに頑張っても足りないくらいなのだ。

留学当初の自分がとなりにいたら
きっとあきれているだろう。
君の強みとはなんなのか。
君はそんな人間だったのか。と。

留学当初の自分は何に対してもとりあえず全力だったはずだ。
何もない僕が全力でやらなければ、凡人以下である。

しかし、気づけたのは良かった。
まだあと1回チャンスがある。

1か月というものすごく短い期間だが、
無いよりは100000倍ましである。

初心に帰って頑張ろう。
ここを人生のターニングポイントに。

ここから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です